YU-J blog

フリースタイルフットボールに適した環境(屋外編)

どうも、YU-J(ユージ)です。

今日は自分が今まで経験してきた
“フリースタイルフットボールに適した環境”を少しだけ書こうと思います。

10403072_781964565228267_3154498343713816988_n
自分自身のカラダ以外にもボールを扱うフリースタイルフットボール。

ボールを扱う事、それだけでも一般の方には難しく思えると思いますが
実際にやってる方達にもやりやすい環境などがあると思います。少なからず自分はあります。

当たり前の意識かもしれませんがフリースタイルフットボールをよりやり良い環境で

※内容的にはフリースタイルフットボール初心者・未経験者向きです。

ーーー

【屋外で行う場合のフリースタイルフットボール】

フリースタイルフットボール 世界一 ALEG-Re(アレッグ) 屋外

屋外での”フリースタイルフットボールに適した環境”を
見つけるにあたって主に「場所」「天気」を気にすると良いでしょう。

屋外でのフリースタイルフットボールを行う「場所」ですが
基本的にはボールを使用しても大丈夫な場所で迷惑のかからない場所を選びましょう。

自分の場合、練習では公園などの地面がコンクリートで平らな場所をよく利用します。

“理由としては”

グラウンドや芝生でも良いのですが、グラウンドだとヘディングなど上半身の技をするとボールについた土が目に入ったりしますし、芝生だと地面にボールを跳ね返すバウンドさせる技が跳ねにくかったりします。あと地面が斜めですとボールが転がっていってしまうので、個人的に屋外での練習は地面にコンクリート面があり平らな場所が良いです。

ーーー

そして、もう一つは「天気」ですね。

屋外ですので、雨が降ったり風が強かったりもします。

雨が降っているとフリースタイルフットボールを行うには適しているとは言い難いです。雨の中で行うのも良いですが身体が冷え風邪をひいたり体調を崩す事も。ボールも雨に濡れ重たくなったり滑るようになったりと扱いづらくなります。風が強いと地面が平らでもボールは転がりますし、風の影響でボールがブレてリフティングすらまともに出来なくなります。

その場合は、屋根がある場所か又はボールを蹴っても大丈夫な施設へ移動するのが良いでしょう。

ーーー

3_patek_0108 のコピー
結果、自分の場合ですがやりやすさ重視の”フリースタイルフットボールに適した環境”は「天気が良くて風がなく水平なコンクリートの地面」となりました。ですが、芝生で蹴ったりするのも気持ち良いので好きですし最終は自分の心が今どこで蹴りたいかで決めればいいと思います。笑

ーーー

今回、こうやって書きましたが自分がフリースタイルフットボールをやり始めた時はこういった。普通に考えたらやりずらい環境である場所でもそれがやりずらい環境である事なんて考えた事もなかったですし、とにかくがむしゃらにボール蹴ってました。笑

そういうのを、考えるようになったのはおそらく仕事として人前でフリースタイルフットボールをしっかりと魅せたいと意識するようになってからですね。

そして、意識するようになって様々なステージを経験させていただいて来たので対応力が付きやりずらい環境でも今では “アレッグのフリースタイルフットボールに適した環境” へ変換する事が出来るようになって来ております。

自分たちのフリースタイルフットボールをよりやり良い環境で

フリースタイルフットボール 世界一 ALEG-Re(アレッグ)IMG_2455

ALEG-Re YU-J

ALEG-Re Facebook
ALEG-Re Twitter
ALEG-Re YouTube
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top