YOSSHI blog

自主性〜やりたいからやる〜

自分にとってフリースタイルフットボールは習い事ではない。

遊びです。

小さい頃

休み時間、放課後、学校帰り

空き地、家の前の道路でバスケやサッカーをひたすらやっていました。

中学に入りバスケ部に入りました。

高校に入りサッカー部に入りました。

でも両方、半年も続かず部活をやめてしまいました。

理由は様々あると思います。

自分の情熱の問題やメンタルの弱さ、ただ単に社会不適合者だったのかも。

でもたぶん、バスケやサッカーは好きなのに
部活になるとやめてしまった一つの原因に、部活にいかなきゃいけない。
という概念や強制があったんだろうな。と思います。

それからも部活ではないところでは
休み時間、放課後、公園の街灯がついている間ずっと好きなようにサッカー、バスケをやっていました。

そんなときにフリースタイルフットボールに出会い、のめりこみました。

周りにはフリースタイルフットボールを知っている人もやっている人もいませんでした。

もちろん部活もないです。

でもやりたいからやっていました。

1人ででもやっていたし、時には友達も巻き込んで。

遊びなんです。

今もやっているのは強制じゃなく、自分がやりたいからやってるんだろうな。と思いました。

今も遊び続けています。

そんな近頃、スクール、クリニックというのをやらせていただく機会も増えてきました。

独学でやってきたものだし、遊びだったものをスクールと言う形で行うことに、とまどったりもします。

今までどう行うのが良いのか考えてきました。

今、辿り着いている一つの答えは、原点回帰「遊びにいく」です。

なので、2/1におこなうスクールは「遊びにきてくれたら」良いと思います。

自分もボール持って遊びにいきます。

こんなことを言ったり、遊んでいるだけの姿をみると、
保護者の方などに、しっかり指導してください。と怒られてしまいそうですが、、

「教える」ということはいろんな形があるんじゃないかな。と最近、感じたりします。

フリースタイルフットボールは本当に自由な表現なので、教えすぎて型にはめるということは、想像力や表現力を台無しにしてしまうんじゃないだろうか。。とも思います。

もし間違った技のやり方だな。と思っていても、もしかしたら将来とんでもなくクリエイティブなものをつくる始まりにすぎないものかもしれません。

自分が感じるままにやってみる時間って大事だなと思います。

なので今回、名前はスクールとか言ってますが、
自分の技をみせびらかす。
教えるけど、教えない、教えすぎない。
キッカケづくりの場。勝手にやる場。のイメージです。

一応、形としては

日付は2月1日

場所は京都舞鶴の白糸中学校の武道場体育館にて。

一回目19~19:50

二回目20~20:50

一日の間に短時間で二回行います。

どちらか一つだけ遊びにきてもOK

二つとも遊びにきてもOK

料金は無料です。

年齢、性別も関係無し。

http://aleg-re.com/post-2471/

急な開催決定なので、告知時間遅くなってしまいました。ごめんなさい。

遊びにくる人いるかな?

今回、たまにいる急に遊びに誘ってくる友達からの誘いだと思って、ただボール持って遊びにきたい方、遊びにきてください。

予約もなしで、大丈夫なので、ふらっとどうぞ。

image

自主性〜やりたいからやる〜

YOSSHI

ALEG-Re (アレッグ)
http://aleg-re.com/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top