YU-J blog

世界大会レポート byユージ

世界大会レポート byユージ
どうも、YU-J(ユージ)です。
ホームページのブログを書くページに全然ログイン出来ずにいて、書くのが遅くなってしまいました。すみません。
さて、世界大会レポートです。
先日、8/15(月)〜 8/20(土)の期間
チェコでフリースタイルフットボール世界大会「Super Ball 2016」が行われ、自分は前回優勝した「Double Routine部門」に二連覇する為に挑戦してきました。
今年は挑戦者から追われる立場に変わり、それ以外にも自分たちを取り巻く環境が変わっていたり、緊張というよりプレッシャーという形で自分自身との戦いだったと思います。
ALEG-Re_TOYOTIRES_41
DoubleRoutine予選の日。今年も毎年上位に食い込んでくる常連も出場していまたし、他の日本人ペアも参加していました。
予選はしっかりやって確実に通過すると思っていたのですが、この日の朝 DoubleRoutineの予選の時間が来る前に練習した時はいつも普通にやってたコトが全然出来てなくて、自分でもわからないくらいにミスが続いたり、わかってるのに音と振り付けがズレてしまったりと身体が変な感じで、プレッシャーのせいなのか何なのかわからずとても不安でした。
一度、仮眠をとりDouble Routine予選へ向かいました。自分たちは去年の成績もあるので出番は一番最後。朝の調子の悪さもあり怖かったのですが、出番前のウォーミングアップの時はチェコに着いてから一番と言っていいほどボールタッチもカラダの感覚も絶好調でした。
他のプレイヤーの出番が終わり自分たちの番が来た時には、その絶好調の状態でいどめました。ステージにあがってしまえばショーをみせるパフォーマーに切り替わり、朝の出来事は嘘だったかのようにしっかりとパフォーマンスをやりとげれました。結果は予選三位通過。
何かずっと自分の中でピリピリした緊張感から解き放たれた感じがしホッとしました。まず一つ乗り越えたコトにより楽になったのか予選後からはウォーミング時よりもボールタッチとカラダの感覚はかなり良い感じに高まりました。
 ALEG-Re_blog_yuj
カラダの感覚が高まった状態で迎えた世界大会決勝当日。去年よりスケールアップした会場を見て感動するところなんですが意外と冷静でした。
そして、向かえたDouble Routine決勝の自分たちの出番。
ステージにあがり始まりだしからいきなり音響トラブルがありました。自分たちだけにしかわかってないレベルの音かもしれませんが、一発勝負の世界大会。ここでやるこの三分の為にめっちゃ練習を重ねてきたので音響トラブルに負けるわけにもいかないので、対応しショーをやり始めましたが終始音楽は変で、その中でもカラダに染み尽かした感覚でパフォーマンスを続行。一番きつい音響トラブルはライブ中継映像を見て下さってた方ならわかると思いますが最後5秒ほど音が途切れ無音になり、無音でやりきりました。
ALEG-Re_TOYOTIRES_33
これまで培ってきたモノが全身全霊で発揮されました。音楽が途中で途切れてもやりきる。という環境は今までパフォーマンスをしていて何度か経験してきたし、プロとしてショーケース自体はやりきりました。まさか世界大会決勝の舞台でこうなるとは思ってもいませんでした。音楽ありで最後までみせたかったので悔しいです。
そして、結果は三位入賞でした。
ALEG-Re_TOYOTIRES_05
もしかしたら音楽がちゃんと最後まで流れていても結果は変わらなかったかもしれませんが、この大きな舞台でのトラブルでも自分たちがやりきれたという経験はかなりの収穫だと思います。世界大会決勝でパフォーマンスの音楽が止まるなんて経験は普通の人には出来ないですし。笑
色んな経験や感情を今回経て、また一つ自分自身成長したと思ってます。そう感じられる体験を今回もさせて下さった企業様、TOYO TIRES様ありがとうございます!そして応援して下さった皆さま、サポートして下さった皆さまありがとうございます!そして一緒に戦ってくれたよっしーありがとう!いずもおつかれ!
また、ここから更なる進化していきます!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top